概要

①名称  ・・・ 一般社団法人 日本ソーイング技術研究協会
         JAPAN SEWING TECHNICAL RESEARCH ASSOCIATION

②所在地 ・・・ 名古屋市中区栄3丁目32-20 朝日生命矢場町ビル8F
         TEL:052-238-2256
         FAX:052-261-4116
         Email:info@jstra.com

③事業内容・・・ 1.人材育成分野の事業
         2.国際分野の事業
         3.サービス分野の事業
         4.コンサルタント分野の事業

    運営組織図・事務局・支部組織図 -->> こちらから

理事長挨拶

  日本ソーイング技術研究協会理事長の御園愼一郎でございます。
 当協会ホームページを訪問いただきありがとうございます。
 日本の繊維製品縫製加工業の安定的発展のためには、縫製作業を営むすべての企業の皆さんが技術力の向上、人材の育成と能力開発、働く人達の福祉の向上などを追求しつづけるという姿勢を持つとともに、社会に貢献するという企業の存在意義を常に認識し業界全体の質的向上に寄与するという意識の醸成が求められています。
 私どもはこれらの関係者の活動の一助としての能力開発や意識醸成のためのセミナー、技能評価事業をはじめとした人財育成の為の事業、輸入・輸出や国際化に対応した事業、共同購入、共同購買等のサービス分野の事業やコンサルタント事業等を展開すること等を主たる活動として平成22年4月から活動を開始した「日本ソーイング技術研究会」を引き継ぎ平成24年6月から一般社団法人「日本ソーイング技術研究協会」として活動いたしております。
 具体的活動としては、自動車シート縫製に関する日本人向け技能評価試験をそれぞれのレベルにおいて全国各地で展開して参りました。その実績が評価され、平成27年2月に当時の経済産業省製造局繊維課より「一般向け評価試験」としての承認をいただいております。この試験に合格した資格を持つことが外国人技能実習生に対する指導員を選任する際の重要な要素であるとの評価をいただいています。
 次に、会員のみなさまの利便向上を目指した共同購買推進のための活動を平成26年2月より開始しております。共同購入事業の前提として関係者の連携に関する理解が必要となります。業界全体の質の向上には志を同じくする者の連携が必要だという意識を当初から持って私どもの活動に参画していただいた関係者の努力のかいもあり資材販売、購入双方の企業に連携の輪が広がっています。このおかげをもって共同購入共同購買事業も順調な伸びをみているところです。
 さらに、諸外国および関係各方面から要請の強かった外国人技能実習生の国内への迎え入れの体制整備のために「自動車シート縫製作業」に係る職種認定を関係省庁等へ働きかけるとともに外国人向け技能実習評価試験のトライアルを実施してまいりました。この結果、平成27年12月28日付けの厚生労働大臣公示「技能実習制度推進事業等運営基本方針の一部を改正する基本方針の公表について」によって「自動車シート縫製作業」が職種認定されました。また、同日付けで厚生労働省職業能力開発局長より当協会を外国人のための「技能実習評価機関」として認定をいただきました。この職種認定を受けて平成28年から「自動車シート縫製作業」を目的として外国人技能実習生が入国してきています。彼らが1号実習生から2号実習生に移行するための「技能実習評価」も平成29年から全国5支部の試験会場で外国人技能実習生が働く企業の要請を受ける形で順次展開しています。
 当協会が実施する「一般向け評価試験」と外国人技能実習生のための「技能実習評価」試験には当然のことながら公平・公正性の確保が要請されています。このため私どもは両試験の実施に当たってさまざまな工夫を講じています。試験問題作成のための試験委員会の守秘義務の徹底、試験監督者と採点者との完全区分、採点の際のダブルチェック、各支部での取り扱いの差異を生じないための監督者研修会の実施、ITカメラ設置で本部と試験会場を繋ぎ受検会場で生じた不測の事態に際しての本部との連携統制の徹底等を実施していますがこの事は監督官庁を始め関係者からも評価していただいていると思います。
 ご承知のように平成28年11月に「
外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律」が制定され、平成29年11月に施行されました。これに伴い従来からの2号実習生移行試験に加えて3号実習生移行試験も実施する体制も整えることが外国人技能実習生すべての職種に求められています。当協会としても万全の態勢で臨むとともに体制準備の中でさらによりよい受検体制の確立を図っていくつもりです。
 また、「人財の育成と能力開発」という観点からさまざまな研修を実施して参りました。特に新法に基づく新しい技能実習生制度の周知と関係者の志の強化とそのことを踏まえての業界の質の向上のために厚生労働省、法務省、警察庁、さらには新法に基づいて平成29年1月に設立された外国人技能実習機構の協力を得たシンポジウムを実施してきました。このシンポジウムは当協会の春の恒例行事となりつつあります。これらに加えて各支部における研修会の充実にも意を配してまいります。 このように、私どもはこれらの制度的基盤を前提にして自動車シート縫製の技能に関する評価試験をはじめとした関連業務の適正・適法な展開に資することを目指す中で我が国における自動車シート縫製技術が向上し、ひいては我が国自動車産業のレベル向上に資するための活動を続けてまいる所存であります。 関係各位のご理解を賜りますとともに、関係者の皆さんすべてと手を携えて業界の近代化と一層の発展のために尽力してまいる所存です。
       一般社団法人 日本ソーイング技術研究協会 理事長 御園愼一郎


沿革

2010年 3月 ・職種認定 新規職種認定相談に国際研修協力機構へ往訪
(平成22年) 4月 ・日本ソーイング技術研究会の立ち上げ(有志会)
2011年 2月 ・経済産業省・国際研修協力機構合同にて会議
(平成23年)   (日本ソーイング技術研究会の主旨・活動内容の報告)
2012年 4月 ・第1回定時総会
(平成24年) 6月 ・一般社団法人 日本ソーイング技術研究協会 設立
・本部と各支部の設置
9月 ・第1回技能評価試験実施
2013年 5月 ・第2回定時総会
(平成25年) 6月 ・第2回技能評価試験実施
7月 ・「自動車シート縫製」職種追加に関する連絡会議開催(第1回)
8月 ・コンプライアンス委員会設置(コンプライアンス遵守等の講習会開催)
11月 ・第3回技能評価試験実施(経済産業省・国際研修協力機構立ち会い)
2014年 2月 ・共同購買推進部設置
(平成26年) 6月 ・第3回定時総会
・第4回技能評価試験実施
・「自動車シート縫製」職種追加に関する連絡会議開催(第2回)
10月 ・第5回技能評価試験実施
11月 ・第6回技能評価試験実施
2015年 2月 ・経済産業省製造局繊維課より一般向け評価試験としての承認
(平成27年) 4月 ・トライアル外国人向け技能実習評価試験実施(国際研修協力機構立ち会い)
6月 ・2015年度第1回技能評価試験実施
・2015年度第2回技能評価試験実施
7月 ・第4回定時総会
・2015年度第3回技能評価試験実施
・2015年度第4回技能評価試験実施
12月 厚生労働省職業能力開発局より技能実習評価試験機関として認定
2016年 1月 ・「自動車シート縫製」職種追加に関する連絡会議開催(第3回)
(平成28年) 2月 ・2015年度第5回技能評価試験実施
・2015年度第6回技能評価試験実施
・2015年度第7回技能評価試験実施
3月 ・2015年度第8回技能評価試験実施
・2015年度第9回技能評価試験実施
・労働関係法令セミナーの開催
4月 ・2015年度第10回技能評価試験実施
    ・コンプライアンス委員会開催(内規の改定)
  5月 ・第5期総会開催
    ・コンプライアンス委員会開催(法令勉強会)
    ・2016年度第10回技能評価試験実施
  6月 ・コンプライアンス委員会開催(内規の改定)
  ・2016年度第11回技能評価試験実施
  7月 ・コンプライアンス委員会開催(法令勉強会)
    ・2016年度第12・13回技能評価試験実施
  8月 ・コンプライアンス委員会開催(内規の改定)
  9月 ・コンプライアンス委員会開催(法令勉強会)
    ・コンプライアンスセミナー開催(外国人技能実習新制度のセミナー・各支部単位)
  10月 ・コンプライアンス委員会開催(内規の改定)
    ・コンプライアンスセミナー開催(外国人技能実習新制度のセミナー・各支部単位)
  11月 ・コンプライアンス委員会開催(法令勉強会)
    ・コンプライアンスセミナー開催(外国人技能実習新制度のセミナー・各支部単位)
    ・第5期臨時総会開催
  12月 ・コンプライアンス委員会開催(内規の改定)
    ・2016年度第14・15回技能評価試験実施
     
2017年 1月  ・コンプライアンス委員会開催(法令勉強会について)
(平成29年)   ・2016年度第16回技能評価試験実施
  2月 ・コンプライアンス委員会開催(内規の改定)
  3月 ・コンプライアンス委員会開催(法令勉強会について)
  4月 ・講習会開催(縫製技術向上について)
  5月 ・第6期総会開催
    ・講習会開催(繊維材料の知識について)
  6月 ・講習会開催(ミシン調整の技術向上について)
  7月 ・講習会開催(縫製品質の向上について)
  8月 ・講習会開催(生産性向上について)
  9月 ・講習会開催(生産性向上について)
  10月 ・講習会開催(「もの造り」の品質管理について)
    厚生労働省職業能力開発局より技能実習評価試験科目の追加承認
  11月 ・講習会開催(安全衛生について)
  12月 ・講習会開催(安全衛生について)
     

Page Top