一般向け技能評価試験

実技試験問題の範囲と基準

1 試験問題の基準
 実技試験は、座席シート縫製(自動車シート縫製作業)の業務を遂行するために必要な技能及び知識の問題です。
 実技試験問題は、座席シート縫製(自動車シート縫製作業)において、各級の自動車シートカバーの作業など知識を有し、安全作業ができているかを問います。
2 実技試験問題の範囲
(1)自動車シートカバー縫製作業
  1)自動車シートカバーの部品縫い
   ①布地と樹脂部品縫い合わせ作業ができること
   ②折り曲げ(袋縫い)作業ができること
  2)自動車シートカバーのコマ縫い(仕掛品)
   ①布地と樹脂部品縫い合わせ作業ができること
   ②折り曲げ(袋縫い)作業ができること
   ③仮付け縫いができること
  3)自動車シートカバーまとめ縫い(仕上げ)
   ①天板とサイドの縫い合わせできること
   ②天板とオビの縫い合わせができること
   ③天板とカマチの縫い合わせができること
  4)自動車シートカバーの意匠まとめ縫い(ステッチ)
   ①仕上げ縫い合わせができること
   ②Wステッチ縫いができること
   ③Sステッチ縫いができること
  5)自動車シートカバーの型紙裁断
   ①原反に型紙でけがいて裁断ができること
  6)自動車シートカバーの不具合箇所修正
   ①シートカバーの不具合箇所の確認ができること
   ②シートカバーの不具合箇所の修正の型紙作成ができること
   ③シートカバーの裁断とまとめ縫いができること
(2)製品項目(出来映え)
   ①仕上がり状態確認作業ができること
(3)姿勢項目(安全衛生)
   ①安全に機械操作作業ができること
3 判定基準
   ①縫い代寸法精度(測定)

   PDFファイルはこちらから


Page Top