技能実習生向け技能実習評価試験

技能実習評価試験受検上の注意事項

1 受検上の注意
(1)試験開始30分前から受付を開始します。
(2)遅刻した場合は、原則受検できません。
(3)試験中に不正行為・迷惑行為があった場合には、当該者は退場させます。
(4)試験会場へ持ち込めるのは、受検票、筆記用具と実技試験に必要な工具のみです。
  (携帯電話、カバンは持ち込みできません)
(5)作業に適した服装で受検してください。
2 その他
(1)試験は日本語で行います。試験中の通訳者の入室はできません。
  (試験を円滑に行うため、試験開始前の「注意事項」の説明時には、通訳者の
   立会いを認めております。
   通訳者については、公正に試験を実施するために当協会がその適正を判断し、
   監理団体にご依頼をする場合があります。
(2)受検者の送迎は監理団体等で行ってください。

Page Top