ICカード導入案内

1、ICカード導入について

従来の紙媒体での書類を管理する際のコスト削減・業務効率化・紛失防止など、書類を電子化する事で解決するメリットを考慮し、日本ソーイング技術研究協会では非接触ICカードを導入する事によって、書類の電子管理を進めています。

②ICカード導入に伴い、デジタル受検申請をする事が出来ます。

2、ICカードで出来る事

技能実習評価試験の各級の受検票になります。

②日本ソーイング技術研究協会や関係機関及び、関連企業での身分証明書。

3、ICカードの注意事項

①定期入れや財布に入れたままで料金の支払いが可能な非接触ICカードと重ねて持ち歩き、電子マネーを利用する際に誤作動を起こす場合があります。

②強い衝撃を与えたり、無理に曲げないで下さい。ICが静電気で破損する場合がありますので、強い静電気に近づけないでください

落としたり、無くさない様に注意して下さい。

4、ICカードの紛失・破損等の届け出と再発行について

万が一、ICカードを紛失または、破損した場合は、速やかに(一社)日本ソーイング技術研究協会まで届け出をし、再発行の手続きをして下さい。再発行には実費がかかります。


 一般社団法人 日本ソーイング技術研究協会

 名古屋市中区栄3丁目32-20 朝日生命矢場町ビル8F
         TEL:052-238-2256
         FAX:052-261-4116

         Email:info@jstra.com

                   担当 北岡

デジタル受検申請

デジタル受検申請については、
デジタル受検申請書エクセルシートダウンロードページから受検申請書のダウンロード(zipファイルのため保存後、解凍して記入してください)を行い、記入後に受検申請書 送信フォームを押して申請してください。

DLされるファイルが最新のものか確認してDL・作成してください(異なるファイル名の場合はこのページの更新を行ってください)。

最新は「デジタル受検申請書0512」です。

Microsoft Office Excelを使用して記入してください。

Excel以外のソフトでは正常に記入・閲覧ができない可能性があります。